太陽光発電の見積もり

太陽光発電の見積もり 概算では無く正確な見積もりで導入検討をスタートさせましょう

太陽光発電の見積もりについて概算でもいいので知りたいという方もおられるかと思いますが、概算でもいくらと明示するのは難しいです。

一応、太陽光発電の見積もりで見られる『kW(キロワット)単価』というものがありますが、そもそもこの『kW(キロワット)単価』は、太陽光発電システムの合計価格を設置するシステム発電量で割ったもので、つまりは正確な見積もりありきの数値です。

 

設置する屋根形状、太陽光パネル(メーカー)屋根の補強は必要か?架台は必要か?自治体からの補助金は?新築か既築か?設置する容量は?3.00kw?4.00kw?
などなど・・・各家庭によって全く見積もりは異なります。地区によってもです。

 

設置するかどうかの検討の材料にするなら、太陽光発電の一括見積もりサービスを利用するのが一番失敗のない方法です。

 

見積もり=設置依頼 ではないので、太陽光発電を導入しようか迷っている段階で一括見積もりサービスを利用しても全く問題ありません。

 

太陽光発電の一括見積もりは多くのメリットがあります。
(太陽光発電の一括見積もり利用は無料です)

◎ご自宅のロケーションが設置に適しているか調査により数値で明確になる。
◎最安の業者が分かる
◎見積もりを依頼した業者間で競争があるので、さらに価格が下がったり、充実したアフターサービスが期待出来る。
◎多くのメーカーから選ぶことが出来る。
◎自治体毎の補助金が分かる
◎地元の優良業者が分かる
◎悪質業者に依頼してしまうことがない。

他にもあると思いますが、太陽光発電の疑問について納得いくまで説明をうけることが出来るのもメリットです。
やはり、一番のメリットは地元の優良施工業者が分かるという点です。
唯一デメリットとして挙げるなら、一括見積もりを依頼する業者が多いと、少々面倒だということくらいです。
ですが、通常3社程度になりますから、問題ないと思います。

太陽光発電一括見積もりサービスも優良企業で

設置容量10Kw以下の家庭用太陽光発電システムも10Kw以上の産業用も一括見積もりはタイナビを推奨します。

太陽光発電優良施工業者の登録数は350社以上と、見積もりサービス業界でも最大級です。

利用者数100万人突破、月間利用者数No.1、利用者満足度(高)、歴史も古く安心して利用出来る太陽光発電一括見積もりサービスです。
関東地区のテレビ番組でも優良企業として紹介されており、紹介実績・企業登録数・顧客満足度のどれをとっても業界最高水準です。

 

また登録業者の選定には厳しい基準を設けており、一度登録された業者であっても、顧客からのクレームが多い場合などは登録を抹消するなど、業者の選定には妥協がありません。
産業用太陽光発電についても見積もり対応(タイナビNEXT社)していますのでご利用ください。

 

一括見積もりの結果を見て家族全員で施工業者と相談・検討しませんか?

 

遊休地の有効活用に産業用太陽光発電が人気です!設置容量から利回りまで相談を!

 

太陽光発電の一括見積もりサービスを利用した方が良いわけとは

ご自分で書籍を沢山読んだり、インターネットで情報を収集したりして見識を高めていくのも良いですが、書店で売られている書籍であっても正しいことが書かれているのか、ご自宅のロケーションに適した情報であるのかは確信が持てません。

インターネットの情報であれば尚更です。
私が書いているこのサイトであっても、金額などについては明言を避けるようにしています。理由は書いてある通り、太陽光発電の性質上実の数多くのパターンが存在するからです。
では、業者が出す見積もり、説明は必ず正しいのか?となりますが、一括見積もりサービスでは登録施工業者の選定も厳しい基準を設けて実施しています。
自社にお金を落としてくれる業者だからと言って、審査基準を甘くすれば、たちまち悪い評判が広がって自らの首を絞めてしまう結果になるからです。
そして、もう一つ、一括見積もりですから複数の業者から説明を受けることが出来、両社の太陽光発電に関する説明に齟齬が生じればどちらかが間違っていると判断が出来ます。
悪質な業者が紛れている可能性は、限りなくゼロですし、仮に紛れていたとしても見積もり金額を見て刎ねることが出来ます。
このように太陽光発電の一括見積もりサービスの利用には多くのメリットがありますし、逆に利用しないで太陽光発電システムを導入するのは少し怖いように思います。

太陽光発電の見積もり その他の知識について

■太陽光発電設置の補助金について

 

国が実施する平成27年の太陽光発電の補助金は、いまのところ実施なしということです。
各自治体の太陽光発電設置の補助金については、自治体ホームページにて明示しているところと、そうでないところがあり確認が必要ですが、これについても太陽光発電の一括見積もりを利用することで分かります(見積もりに記載されます)
太陽光発電についての分からないことについては、太陽光発電の一括見積もりで全て解決すると思いますので、ご自身で調べるよりも正確な情報を得ることが簡単にできます。


 

■太陽光発電設置に適した地域

 

NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構が公開している、日射量データマップを見ますと、最も日射量多い(太陽光発電に適していると考えられる)地域は、長野県と沖縄県、次いで静岡県以西の太平洋沿岸部、次いで北海道の一部、福島以西の日本海側を除く地域となっています。
こちらの地域にお住まいの方でしたら、是非太陽光発電システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか?
もちろん、設置する自宅のロケーションも重要な判断基準となりますが、終日日光を遮る遮蔽物などがないような場所であれば、十分検討の余地はあるかと考えられます。


 

産業用太陽光発電によるメガソーラービジネスについて

不労収入といえば、不動産や有価証券等を思い浮かべますが、今話題の自然エネルギーを活用し収入を得る方法があります。
特に注目されている自然エネルギーは、太陽光発電であり、一戸建ての屋根を利用し集めた太陽エネルギーを、自宅の電気が供給され、余剰電力を電力会社に売るという話は一般的になっています。
その他に産業用の太陽光発電というものがあり、自宅で集めた電気を売る量は僅かなものですが、広大な土地に太陽光発電を設置し多くの電気を集めることができる発電方法があります。
産業用太陽光発電は、広大な土地さえ所有していれば容易にはじめることができ、土地が広ければ広いほど、多くの太陽光エネルギーを集め多くの収入を得ることができます。一般的にそのことをメガソーラービジネスと言いますが、その売電収益の高さから、所有している土地を有効活用する為に太陽光発電を設置する個人や広大な土地を買収しメガソーラービジネスを始める企業が多くみられています。